家電をリサイクルする時に注意すべきこと

家電を新しくしたい!そんなとき、ご存じですか?古い家電の正しい処分方法

家電リサイクルの大まかな流れ

家電を廃棄しようと思ってネットで家電リサイクルを検索したら煩雑な情報ばかり、結局どうすればいいの? という方へ、このページで家電リサイクルについての要点をわかりやすくまとめました。 基本的な知識とポイントを押さえて、自分がとりたい行動はどれか自分でわかるようにしましょう!

本当にリサイクルすべき?色々な方法を知っておこう

家電を廃棄するときはリサイクルしかないと思っていませんか? あまり多いケースではありませんが、廃棄対象の家電がまだ新しい場合には売却したり譲渡したりすることでリサイクル料金をかけずに済む場合もあるんです。 リサイクルしようと決めた後も、誰にどうやって頼むかなど方法は様々。 ひと通り知っておきましょう。

大丈夫と思ったらまさかの悪徳業者!注意すべき落とし穴は?

円満に終わったはずの回収業者とのやりとり、それなのに後日警察が家に来て「あなたの家電が不法に投棄されていました」なんてことも! 見積もりだけのはずが強引に契約を結ばされたり、想像以上に経費がかかってしまったと思ったら割高な業者だったり、こんなところでも落とし穴はあるものです。

家電リサイクル法についてなど、家電廃棄の簡単な概要

新しく家電を買い替えたいとき、今使っている家電が急に故障したとき、どうすれば良いかプランは立っていますか?
家庭用の大型家電は不法投棄を防いだり資源を再利用するために、廃棄の手順が法律で定められています。
それが一度は耳にしたことがあると思います「家電リサイクル法」です。
「じゃあ、家電の廃棄の方法を間違うと罰せられてしまうの?」と不安になる必要はありません!
もちろん不法投棄などはいけませんが、基本的にそうした法律で決められている手順を守らなければいけないのは実際に家電を処理する業者さんの方。
逆に言えば私達が家電を処分するにはほぼ必ず業者さんと契約しお金を払わなければいけないということになります。

なので簡単に言ってしまえば家電リサイクルのコツは「業者選びのコツ」なのです。
どんな業者と契約すべき?かかる費用は?よくあるトラブルは?
そういった不安や疑問を一緒に解消していきましょう。

ところで、家電リサイクル法に該当する家電は何だかご存知ですか?
例えばほとんどどの家庭にもある炊飯器や電子レンジ、普及率も高い加湿器や除湿器は家電リサイクル法に該当するのでしょうか?
実はリサイクルが義務付けられている家電は冷蔵庫と冷凍庫、洗濯機と衣類乾燥機、エアコン、テレビの大きく分けて四つに分類されています。
だからといって廃棄にお金がかからないわけではありませんが、こういったあらかじめつけておきたい知識についても合わせてご説明いたします。