家電を新しくしたい!そんなとき、ご存じですか?古い家電の正しい処分方法

>

本当にリサイクルすべき?色々な方法を知っておこう

本当にリサイクルしかない?選択肢を増やす

家電を廃棄すると必ずリサイクル料金が発生して、私達はそれを払わなければなりません。
でも廃棄でなければ、払う必要はありませんよね。
あまり多いシチュエーションとは言えませんが、まだ新しい家電や使用に耐えうる家電はリサイクルショップにリセールしたりすることで、リサイクル料金を払わずに安く処分することができます。
売却や譲渡など、まずはリサイクルせずに済む方法を考えてみましょう。

リサイクルすると決めたら、今度はリサイクルの方法を考えましょう。
簡単に言えば業者を選ぶ方法を決めるということです。
一般的には新しい家電を購入した販売店の回収サービスを利用することが多くのサービスを受けられる可能性が高いためベターと言えますが、廃棄だけしたい場合は回収業者を探さなければいけません。
人に聞いたりネットで検索したりと様々な方法がありますが、実は自治体に依頼することで回収業者を紹介してもらえることもあるんですよ。

細かな予備知識

細かいことですが、家電リサイクル法の目的は家電の不法投棄予防と家電に使われている資源の再利用ですので、法律が定めているのはあくまで「家電解体の手順」となっております。

「棄てる時には必ず解体して再利用できる部分は再利用してください、けれども専門知識が必要なのでメーカーがやってくださいね」ということですね。
なので回収業者や回収サービスもやってくれる家電量販店は、回収した家電を、家電を作っているメーカーが指定する場所まで運ばなければなりません。

私達が小さめのテレビを家電量販店に持って行ってリサイクルを頼んだとしても運搬費用がかかってしまうのはこういった仕組みなのです。
もし私達が廃棄する大型家電を直接メーカー指定の場所まで持っていくことができれば、運搬費用は節約できるでしょうけれど、今のところメーカーが直接家電の回収をやっているサービスはほとんど見かけられませんね。


この記事をシェアする