家電を新しくしたい!そんなとき、ご存じですか?古い家電の正しい処分方法

>

大丈夫と思ったらまさかの悪徳業者!注意すべき落とし穴は?

家電リサイクルで避けたい罠

回収業者選びで損をしたくはないですよね。
他の業者より高かった、接客が不愛想でコミュニケーションがとりづらく時間とお金を損することになった、家電搬出の際に家の壁や床が傷ついた、くらいで済めばまだ良いのかもしれません。

トップページの導入文でも少し触れましたが、きちんと業者と契約してお金を払いやり取りを済ませ、無事に家電を廃棄したと思って一安心していたら突然家に警察が来て「あなたの家電が不法投棄されています」と言われた、なんて事例もあるそうです。
そうなってしまったら私達は業者の連絡先やそれまでのやり取りの細かなところまでつぶさに警察と相談して身の潔白を証明するしかないですよね。

業者の中には家電の中の貴重な資源だけ抜き取って、残りは棄ててしまうといった悪徳業者も居るのです。
他にも見積もりを頼んだだけなのに強引に家電を搬出され、契約を結ばされてしまった…なんてことも。

落とし穴、どうやって避ける?

例えば「自治体に相談して大型家電の回収業者を紹介してもらう」という手は知っていなければ中々思いつかないですよね。
だからと言ってサービスが良いとは限りませんが、少なくとも悪徳業者には当たらないでしょうし、もし当たってしまって警察沙汰になった時は自治体に責任を持ってもらうことができてリスクが減らせます。
一つの対策は、そうした風にできるだけ予備知識を増やしておいてとれる選択肢を多くしておくことです。

そして次に大事なのは情報をたくさん集めることです。
家族や友達から「前にあそこで家電を回収してもらったけど、早くて安くて良かったよ」という風にお墨付きがもらえればそれが一番安心ですよね。
良くも悪くも大型家電廃棄は業者と関わらなければできません。
近所のお店や大手量販店、ネットで検索した回収業者、どこの誰に頼もうか目星をつけても急いで絞り込まずにできるだけ多くの相手にたくさん相談しましょう。


この記事をシェアする